グルメ

福祉施設で栽培されたトマトを使ったオリジナルビール 地域・福祉・農業・酒造をつなぐ学生たちの試み

オリジナルクラフトビール「ルビール」
オリジナルクラフトビール「ルビール」

 ほんのり赤く染まったビールの名前は「ルビール」。トマトを赤い宝石のルビーに見立ててネーミングされたビールだ。このビールは千葉商科大学(略称CUC)人間社会学部の勅使河隆行教授ゼミナールの学生が地域活性化に貢献するために開発され、10月18日に千葉県市川市内の酒類取り扱い店4店舗で発売される。

 材料となるトマトは県内の障がい者福祉施設(社会福祉法人悠啓会ふる里学舎蔵波)で栽培されたもの。障がい者が生産にかかわる野菜の販路を拡大することで食品ロスを防ぎ、障がい者の就労を支援、農福連携の後押しをする試みだ。コンセプトを決めるところから、使う野菜の選定、ビール工房や福祉施設・販売先との交渉、ラベルのデザインにいたるまでを同ゼミ3・4年生38人が開発に携わった。コロナ禍で気付いた愛や感謝の気持ちを、「感謝」の花言葉を持つトマトと、愛の象徴であるルビーに込めてネーミングしたという。

 まるごとトマトをつぶして醸造しているため小さな果肉が入った、果実のようにフルーティなビール。トマトの青みを少し感じる味わいは、口当たりさわやかで普段ビールを飲まない人にも飲みやすい仕上がりになった。1本税込み630円で、取り扱い店は原田屋 行徳店、リカージャック富浜店、リカージャック原田屋 市川店、株式会社CUCサポート(いずれも千葉県市川市)。CUCサポートのWebサイトでお取り寄せも可能だ。