グルメ

進化した野菜ジェラート 国産野菜の「アイスの実」

main

  野菜の甘味が感じられるスイーツは、舌にも胃にもやさしい味だ。トウモロコシやカボチャ、サツマイモを使ったジェラート、「アイスの実 <国産野菜シリーズ>」(江崎グリコ・大阪市)が10月18日から数量限定で発売される。老舗料亭、京都吉兆総料理長、徳岡邦夫氏の監修だ。

 国産野菜を使ったひとくち野菜ジェラート。香料・着色料・人工甘味料を一切使用せず、凝縮された素材の濃い味わい。新フレーバーのサツマイモは糖度が高いと言われている品種、紅はるかを使っている。

 このシリーズは、2019年から毎年限定販売しているが、今年は京都吉兆の野菜調理のこだわりを落とし込み、素材の甘みをそのまま感じられる商品へと進化している。甘みを最大限引き出すため、でんぷん質の多い野菜を氷室などに入れて低温保管し、50~60℃という中温での調理することで、甘みを引き立てる工夫をしているのだそうだ。