グルメ

大阪王将が44種類の焼きそばを発売 地元食材を使った都道府県別のこだわりの味

main

 SDGs的観点からも、地産地消が注目されている昨今。大阪王将(東京)は、11月19日から、“この街の味”シリーズ第9弾として、都道府県ごとの地元食材を活用した44種類の「この街の焼きそば」を、それぞれの都道府県で発売する。

 地域ならではの食文化からインスピレーションを受け、地元食材を活用した個性豊かなラインアップとなった「この街の焼きそば」。東京では、目玉焼き&青のりをのせた王道の味「浅草ソース焼きそば」(695円)が登場。

 北海道は特製ニンニク甘辛タレで羊肉や揚げニンニク、もやし、ピーマンを炒めた「ジンギスカン焼きそば」(795円)、長野は野沢菜や豚ミンチなどの入った「信州菜焼きそば」(795円)と、名物を使った焼きそばが並ぶ。

 また、ケチャップソースで炒めた焼きそばに焼いたパイナップルをトッピングした沖縄の「パイナップル焼きそば」(695円)や、ポークカツを乗せた長崎の「トルコライス風ナポ焼きそば」(795円)など、ひときわ目を引く焼きそばも。ぜひ、各県の味を食べ比べて、自分好みのものを見つけて欲しい。販売は、12月31日まで。価格はすべて税込み。