SDGs

お酒にもサステイナビリティを パタゴニアの「自然派ワイン」と「自然酒」

自然酒 「五人娘」寺田本家
自然酒 「五人娘」寺田本家

 人間が生きていくために必要な農業。しかしその農業でさえ、地球に負荷を与えるものがある。少しでも選択肢があるのであれば、地産地消・オーガニック・低農薬栽培など、地球にとってより持続可能な(サステイナブルな)食べ物を選びたい。そして、それはお酒でも同じである。

エスタライヒ ーロゼ
エスタライヒ ーロゼ

 パタゴニアプロビジョンズ(パタゴニア・横浜市)は、環境を修復する方法で栽培されているブドウと米を使ったサステイナブルなワインと日本酒を発売した。ワインは、バイオダイナミックな農場で栽培され、機械は一切使用せずに手で摘まれたブドウを天然酵母で発酵・熟成させた「エスタライヒ-タイムブラン」と「エスタライヒ-ロゼ」の2種類。オーストリアとハンガリーに肥沃(ひよく)な農地を持つマインクラング社がパタゴニアプロビジョンズとコラボし、無ろ過の自然派ワインを製造。世界で最も基準が厳しいともいわれているオーガニック認証「デメター」を取得している。タイムブランはかんきつ系の華やかな味に、タイムのようなハーブ風味が加わった爽やかなワイン。ロゼは、ダークフルーツやフローラルな紅茶の風味を持つスパイシーな味わいに仕上がっている。いずれも750ml入りで税込み2,970円。

エスタライヒ ー エスタライヒ
エスタライヒ ー エスタライヒ

 パタゴニアプロビジョンズ初の日本製品である自然酒「五人娘」は、1673年創業の「寺田本家」(千葉県神崎町)が地元の酒米と「コウノトリを育む農法」で育てたコシヒカリを使ったオリジナルの日本酒。兵庫県豊岡市では、コウノトリのエサとなるカエルやドジョウが育つ多様性のある生態系づくりを行うことで、コウノトリの野生復帰を実現。その一環として、コウノトリを育む農法が実施されている。アルコール度数は15%。720ml入りで同1,650円。