グルメ

パンナコッタで宇治茶を楽しむ 伊藤久右衛門の新作スイーツ

img_298964_1

 鮮やかでさわやかなフルーツと宇治茶の深み。両方楽しめるのが、伊藤久右衛門(京都府宇治市)の「宇治ぱんなこった」。5種類の素材と宇治茶をかけあわせた新作スイーツが発売された。

宇治ぱんなこった
宇治ぱんなこった

 宇治本店で限定販売していた桜、紫陽花、みかんなど季節のパンナコッタのレシピを新たにして作った。生クリームの濃厚なコクと石臼引き抹茶の上質な苦味、うまみを重ね、黒豆をアクセントに添えた「抹茶」、さわやかやかなイチゴの甘酸っぱさに抹茶のほろ苦さが重なる「抹茶 × いちご」のほか、「抹茶 × とろぴかる」「ほうじ茶」「ほうじ茶 × ばなな」の全5種類。「パンナコッタは材料がシンプルな分、宇治茶のおいしさをダイレクトに感じることができる」という。税込み4,320円で送料無料。

グランシェフ吉本
グランシェフ吉本