グルメ

新鮮で透き通ったいかそーめん そのおいしさを引き出すタレとは?

いかごろソースで食べる特選函館いかそーめん 780円(税抜)
いかごろソースで食べる特選函館いかそーめん 780円(税抜)

 真いかは函館を代表する海の幸。毎年6月1日真いか漁が解禁され、新鮮で透き通ったいかが市場に出回る。ごくごく細切りにした新鮮ないかは、まるでそうめんのよう。そして新鮮ないかのごろ(内臓)は、これまた旨みが凝縮されていて美味。そんな「いかそーめん」を「いかごろ」をタレにして食べる『いかごろソースで食べる特選函館いかそーめん』(780円・税抜)が、「うまいものいっぱい いろはにほへと」14店舗(埼玉県2店舗、東京都5店舗、神奈川県6店舗、静岡県沼津市1店舗)で、6月22日から期間限定で登場する。

 「いかそーめん」は、「夏のおいしいがいろいろフェア」の中の1メニュー。ほかにも、「豊漁八点舟盛り」(1,888円)、「さっぱりレモン香る若鶏の笹焼き」(680円)、「鰻蒲焼の押し寿司」(980円)など、多彩なメニューを用意している(値段は全て税別)。

 見た目が涼しいだけでなく、タンパク質が豊富でカルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、アミノ酸なども含むいかと、そのほかの夏向けメニューを味わおう。