グルメ

季節限定の「あも(抹茶)」 職人こだわりの色と香り

あも(抹茶)イメージ
あも(抹茶)イメージ

 「叶 匠壽庵(かのう しょうじゅあん)」(大津市)の銘菓「あも」は、1971年から続くロングセラー商品だ。もちが入った通常の「あも」も上品でおいしいが、期間限定の「あも」では季節の風味を感じることができる。これまで桜やゆずなどが登場しているが、7月1日(金)に発売される棹菓子(さおがし) 旬あもシリーズが「あも(抹茶)」(1,296円)。「小豆の味に負けないような抹茶の風味と香りを引き出したい」という職人の想いから誕生したこの期間限定あも。和菓子の王道ともいうべき、“小豆と抹茶”の甘みと苦みの絶妙なバランスが特長。口に入れると、ふわっと抹茶の甘い香りが漂うはず。販売は9月末までの予定。