グルメ

「水の国・日本」から世界に発信!アロマの花開くチョコレート

「水の国・日本」から世界に発信!アロマの花開くチョコレート 画像1

最近は、ホワイトデーのお返しとしてもチョコレートが人気。今回はそんな女性向けの贈り物としてもぴったりのチョコレートをご紹介します。
2014年に鎌倉にオープンしたチョコレートショップ「ca ca o」。こちらの看板商品は、素材のチョコレートにもこだわった“アロマ生チョコレート”。お店のある小町通りにちなんで名づけられた「小町通りの石畳」として、種類豊富にそろいます。
2016年秋、「ca ca o」は、パリで開催される「サロン・デュ・ショコラ」に出店し、フランス人のお客様やショコラティエ達からも、大いに関心を持っていただけたそうです。その時に紹介した「小町通りの石畳」のスペシャルエディションは、こだわりの日本酒を使った3種類。この「鶴齢の梅酒」もその一つで、新潟県魚沼市で300 年の伝統を持つ「青木酒造」が作り上げた「鶴齢の 梅酒」を使用したアロマ生チョコレート。新潟県産の梅と鶴齢の純米吟醸で仕込んだ梅酒と、コロンビア産ホワイトチョコレートを融合させています。
実は、フランスでは、「生チョコ」はあまりメジャーではありません。「ca ca o」の方々は、そんなフランスにおいて、「水の国・日本のチョコレート」として、「生チョコ」を紹介してきたそうです。生チョコは、チョコレートに生クリームや果汁、お酒などの水分を加えて乳化させて作ったガナッシュを、ボンボンショコラのように外側をコーティングせずにそのまま提供するため、よりみずみずしく、チョコレートと水分とがバランスよく乳化した口どけのよさや、香りの広がり楽しむことができます。
また、ホワイトチョコレートはミルキーで甘さが強いというイメージが強いと思いますが、コロンビア産の“トリニタリオ種”の中でも、特に “フィノデアロマカカオ”と称されるカカオを厳選して使っているため、カカオの香りがしっかりと感じられるのが特徴。そんなホワイトチョコレートが、決して「鶴齢の梅酒」に負けることなく、香りの骨格となって互いを引き立てあいます。
「ca ca o」の代表取締役である石原紳伍氏は、以前にコロンビアを訪れ、そのチョコレートメーカーが所有するカカオ農園やチョコレート工場を見学し、素晴らしい環境にすっかり魅せられたそう。その感動を胸に、海を越えた国・日本ならではの表現、発信をしていきたいと、「ca ca o」というブランドをスタートさせました。2017年にオンラインショップがオープンしたことで、今後ますます、水の国・日本ならではのチョコレートを、世界に向けて発信していくことでしょう。
日本とコロンビアの歴史や文化が融合した、特別な「アロマ生チョコレート」。1粒ずつじっくりと味わっていただきたいですね。

商品名:小町通りの石畳 鶴齢の梅酒
販売:ca ca o
文:お取り寄せの達人:平岩理緒さん(スイーツジャーナリスト)

おとりよせネットロゴ

おとりよせネット

おとりよせネットは、日本最大級のお取り寄せの総合情報サイト。「お取り寄せの達人」という食のプロの方々によるオススメのお取り寄せ品や、モニター審査員による口コミ、季節イベントに合わせた特集、全国のグルメやスイーツの人気ランキングなどをご紹介しています。

http://www.otoriyose.net/