グルメ

NYの“ステーキの王様” 秋に日本初上陸

sub8 シャトーブリアンとサーロインが同時に楽しめる…となると、ステーキ好きは我慢が難しいかもしれない。米ニューヨーク・マンハッタンで人気のステーキハウス「エンパイアステーキハウス」がこの秋、日本に初上陸、「Empire Steak House 六本木」(TFM・東京)がオープンする。

 マンハッタンの「エンパイアステーキハウス」は、2010年開業翌年から昨年まで6年連続で、レストランガイドの『ザガット・サーベイ』に掲載されている。六本木の新店では、アメリカ農務省格付け最高位のプライムグレードのアンガスビーフを、専用熟成庫で21~28日間熟成、うまみが増した肉を厚切りにカットし、一気にオーブンで焼き上げるステーキが楽しめる。

ポーターハウスの王様『エンペラーステーキ』
ポーターハウスの王様『エンペラーステーキ』

 また、ニューヨークでも「キングオブステーキ」と一目置かれている『エンペラーステーキ』も、もちろん食べられる。牛の最上位部位シャトーブリアンとサーロインが同時に味わえるステーキの王様だ。食欲の秋が今から楽しみ~。