ペット

愛犬の健康管理にいかが? 「いぬのきもち お散歩Time」登場!

_prw_PI1fl_9d300f9T 愛犬の健康のために欠かせないのが毎日のお散歩。なんとなく習慣的に行っているお散歩を、健康管理を目的とした活動として把握できる強力なツールが登場する。タカラトミーが2017年秋から発売する予定のウェアラブルデバイス「いぬのきもち お散歩Time」(税別予定価格12,000円)だ。

_prw_PI4fl_71VN46z2 「いぬのきもち お散歩Time」は、ペットとして飼育されている犬の健康管理を目的とした犬専用のウェアラブルデバイス。首輪に装着した状態で散歩を行い、専用のスマートフォンアプリと連動させることによって、散歩中に発生した活動量の計測を行う。アプリ内には、タカラトミーが独自に収集した1万頭以上の飼い犬データを分析、専門家の監修のもと算出された犬種や年齢、体型ごとの最適な活動量が記録されているため、最適な活動量を達成するために必要なお散歩時間の目安を知ることができる。

 また、実際に散歩を行った際には、本体内蔵のセンサーによって、犬の歩様(歩き方)を「きょろきょろ歩き」、「歩行」、「はや足」、「駆け足」の4種類に自動的に識別、活動量を算出する。人間用のウェアラブルデバイスでは歩数を検知し、活動量を算出する方法も考えられるが、犬の歩数を正確に測るためには、複数個所へのセンサーの取り付けが必要になることや、同じ歩数でも歩様の種類によって活動量は大きく異なることから、「歩様」に応じて活動量を測定する仕様とした。

_prw_PI10fl_6441Kx9z 最適な活動量を算出するアプリの機能と、活動量を細かく測定する本体の機能を掛け合わせたことにより、散歩中に必要な残りの運動時間をリアルタイムで更新しながら飼い主に知らせることが可能(特許出願中)。散歩後には飼い主の消費カロリーを算出することもできる。

 さらに、アバターの着せ替えやミニゲームなどのエンターテインメント要素や、かわいらしいビスケット型のデザインを採用。愛犬の健康管理や毎日の散歩をより楽しく・本格的に行うためのツールになっている。