グルメ

これから旬! 手近な素材で簡単パプリカ料理

 これからが旬の夏野菜、パプリカ。鮮やかな赤や黄、オレンジ色は、おかずを華やかに見せてくれ、お弁当にも大活躍。甘みがあるから小さな子も食べやすい。炒めて、生で、揚げてと、積極的に料理に取り入れてみてはいかが? OVO編集部の簡単定番パプリカメニューをご紹介。

■炒め物・焼き物料理に

~パプリカと鶏肉の炒め物~
~パプリカと鶏肉の炒め物~

~パプリカと鶏肉の炒め物~

・鶏肉はひと口大に切り、塩コショウを軽く振り、片栗粉をまぶす。

・鶏肉を多めの油で揚げ焼きにし、一度取り出す。

・くし形切りにしたタマネギと細切りにしたパプリカを炒め、火が通ったら鶏肉を入れる。

・味噌:三温糖:しょうゆ=2:1:1で合わせ調味料を作り、味付け。

~パプリカの鶏肉巻き~
~パプリカの鶏肉巻き~

~パプリカの鶏肉巻き~

・鶏もも肉を開いて広げ、細長く切ったパプリカなどの野菜を芯にして巻く(赤や黄のパプリカ、さっと火を通したオクラやいんげんなどの緑の野菜を入れると、断面の彩りがきれいになる)。

・巻いたらタコ糸でほどけないようにしっかり縛る。

・フライパンで転がしながら、酒、みりん、三温糖、しょうゆを同率で混ぜた調味料を時々かけながらじっくり焼く。

~パプリカと昆布の佃煮のサッと炒め~
~パプリカと昆布の佃煮のサッと炒め~

~パプリカと昆布の佃煮のサッと炒め~

・細切りにしたパプリカと市販の昆布の佃煮を炒めるだけ。

■生で歯ごたえも楽しむ

~パプリカとツナとキュウリのサラダ~
~パプリカとツナとキュウリのサラダ~

~パプリカとツナとキュウリのサラダ~

・薄切りにしたキュウリと細切りにしたキュウリを軽く塩もみ。

・油を切ったツナフレークを加える。

・オリーブオイルと塩コショウでシンプルに食べてもいいし、お好みの市販ドレッシングでバリエーションをつけても。

■油と相性が良いから揚げても

~素揚げ夏野菜のカレー~
~素揚げ夏野菜のカレー~

~素揚げ夏野菜のカレー~

・市販のルーを使って手軽に作ったカレーに、素揚げにしたパプリカやナス、オクラなどの夏野菜を入れる。素揚げにした野菜はキッチンペーパーで油を切ってから入れると、水っぽくなったり油っぽくなったりするのを防げる。

~パプリカとしらす干しの揚げびたし~
~パプリカとしらす干しの揚げびたし~

~パプリカとしらす干しの揚げびたし~

・素揚げにしたパプリカを、水で適宜薄めた市販のめんつゆにつけ、しらす干しとかつおぶしを加える。

カラフルな色彩で料理を華やかにしてくれるパプリカ。ビタミンCも豊富だから、美容や健康にもグッド。いっぱい食べて夏を乗り切ろう!