ライフスタイル

お花が生けられるトイレ! ユニークなデザインの選べるタンク

img_129962_7 20~30代の女性を対象にしたアンケート(マイナビウーマン調べ)では、公共の場にあるトイレに設置された温水洗浄機能について、85.3%が「使わない」と回答。「ノズルが不潔」「ちゃんと掃除されていなさそうだから」など、衛生面を気にする人が多かった。せっかくの高機能も使われなければ意味がない。カフェや美容院などセンスや雰囲気が重視される店舗のトイレは、別の発想でデザインする必要があるのでは?ということでユニークなトイレが輸入・販売される。

img_129962_5 「Re*blanc」(リブラン・浜松市)は、国内初となるタンクに花を生けることができる斬新なデザインのトイレを6月15日(木)に発売する。このタンク式のトイレはタイからの輸入品で、6種類のタンクと3種類の便器本体という、計18パターンの組み合わせから選べるのが特徴だ。日本製のトイレのように、温水洗浄便座やオート開閉などの機能は付いていないが、シンプルかつおしゃれなトイレを楽しむことができる。当面は、タンク3種類、便器2種類の計6パターンを先行して販売する。価格は、税別98,000円(送料・施工費は別)。

img_129962_8 このタンクは日本のGマーク(グッドデザイン賞)ほか、多くのデザイン賞を受賞。店舗での使用が想定されているが、機能よりもセンスやデザイン性のある空間を好むという人の自宅用にも良さそうだ。トイレは場所柄、おしゃれな空間にはなりにくいが、ちょっと“華”があるだけで気分が上向きになるはず。そろそろトイレが古くなってきて買い替え時という家庭は、“花を生けられる”トイレにしてみるのはどう?