ふむふむ

結婚は“愛さえあれば”大丈夫ってホントかな? より現実的なのは男性?女性?

Johner Bildbyra AB +46 8 644 83 30 info@johner.se sales@johner.se

 結婚生活には愛が必要。でも、愛だけで結婚が成り立つかというと・・・。リクルートマーケティングパートナーズ(東京)が運営するリクルートブライダル総研が行った「夫婦関係調査2017」の結果が興味深い。

 20~60代の既婚者に「愛情さえあれば、結婚できる」かどうか聞いた(単一回答)ところ、全体では「そう思う」と答えた人が24.1%、「そう思わない」と答えた人が32.3%、男女別にみると、男性の「そう思う」は29.1%、「そう思わない 」は25.3%、女性は「そう思う」が19.5%、「そう思わない」が38.8%となるなど、男性の方が「愛情」重視派、女性は現実的であることがわかった。

 「結婚するには、愛情以外の相手に求める条件が重要?」との問いには、全体では「そう思う」が42.2%、「そう思わない」が8.3%。男性は、「そう思う」が35.3%、「そう思わない」が9.5%、女性は「そう思う」が48.6%、「そう思わない」7.2%で、この質問でも女性の方が現実的だ。

 他方、「結婚は、安定した収入がないとできない?」との質問に、全体では「そう思う」が55.8%、「そう思わない」が9.2%。男性では「そう思う」が50.8%、「そう思わない」が8.0%、女性は「そう思う」が60.3%、「そう思わない」が10.2%となった。

 結婚について、「愛情以外の条件」や「安定収入」など将来を見据えている女性の方が比較的現実的なようだ。

 ただ、「愛情さえあれば結婚できる」と思う人は4人に1人ながら、考え方別に夫婦関係の満足割合をみると、「愛情さえあれば結婚できる」と思う人の方が、夫婦関係の満足度が高くなっている点も見逃せない。やはり重要なのは「愛」かもしれない。