ライフスタイル

不妊治療を開始した平均年齢は31.3歳 治療にかけた費用は?

不妊症に悩む夫婦が、病院でお医者さんに相談をしているイラスト(いらすとや)
不妊症に悩む夫婦が、病院でお医者さんに相談をしているイラスト(いらすとや)

 子どもは天からの授かりものというけれど、「絶対に欲しい!それなのになかなか妊娠しない」ため不妊治療に踏み切るという夫婦も少なくないだろう。その実態はどうなのかを探るため、F Treatment(東京)が運営するwebサイト「不妊治療net」は、10代~50代の不妊治療経験のある女性109人を対象に、不妊治療開始年齢、開始理由、治療にかけた費用に関する調査を行った。

 調査結果によると、不妊治療を開始した年齢は、平均で31.3歳。最も多いのは30代で55%、次いで20代で36%となり、20~30代で全体の9割程度を占めた。また、不妊治療の開始理由について聞いたところ、最も多いのは、「なかなか妊娠しなかったから」で74%、次いで、「一刻も早く赤ちゃんを欲しいと思ったから」が44%、「年齢が気になったから」が35%だった。img_147741_2 img_147741_3

 不妊治療の開始年代別の特徴を見ると、30代で不妊治療を開始した人は、「年齢が気になったから」が全体と比べて高いのに対して、20代では「自分の基礎体温が不規則だったから」という理由が全体と比べて高くなっている。

 さて、気になるのは不妊治療にかけた費用。これについて聞いたところ、最も多かったのは、10~50万円で35%。一方で、100万円を超えた人の割合も約20%となり、不妊治療は金銭的負担が大きい実態が明らかになった。img_147741_4