ライフスタイル

赤ちゃんの出来事をボタン1つで管理! 押すだけの「うんこボタン」

img_154112_1 赤ちゃんのさまざまな思い出や記録を1冊に残すことができる育児日記。第1子の時はわりとマメに記入していたけど、第2子の時は余裕がなく、ほとんど書けなかったという人も多いかな? ノートだとペンを用意して、椅子に座って・・・と落ち着いた状況でないと記入が難しいが、このグッズがあれば、ポンっと押すだけで大切な赤ちゃんの記録を簡単に残すことができそうだ。144Lab(東京)は、押すだけで赤ちゃんの排泄などを記録できるボタン装置「うんこボタン」を4月24日(火)に発売する。いわゆる赤ちゃん用のIoT機器で、ワンオペ育児などで孤独を抱える母親の精神的負担を軽減させようと開発された。

img_154112_2 装置についているのはボタンスイッチ2個。排泄を記録したい場合、片方のスイッチを「うんち」用に、もう片方を「おしっこ」用に指定すれば、ボタンを押すだけでそれぞれの排泄時間が専用のウェブアプリに記載される。授乳や睡眠、子どもの帰宅やお出かけも記録に残せるから、その家庭によってさまざまな使い方が可能。また、記録をスマホ内に残すスマホアプリと異なり、記録データを家族や親戚と共有して、母親以外も閲覧できるようにしたのがうんこボタンの特徴だ。利用にはLINEアカウントを所有している必要がある。希望小売価格は税込み3,600円。