おでかけ

見ているだけで癒やされる~ 八重山ブルーの海とサバニ

img_159839_3 写真を見ているだけで、気分は夏休み。沖縄の海の色は、オフィスのパソコン上でも人の心を癒してくれる。でも、せっかくだからホンモノを見に行く!という人は、デジタル機器から離れて日ごろの疲れやストレスの緩和を目指す、星のや竹富島(星野リゾート・長野)の「脱デジタル滞在・2018夏」(6月1日~9月30日)はいかが?琉球に伝わる伝統的な木造船「サバニ」で帆走、日常の忙しさを忘れさせてくれそうだ。

 スマホやタブレットの普及による心身の疲れや、ストレスを緩和することを目的とした2泊3日のプログラム。漁や移動手段として琉球で親しまれていた木造船・サバニで、風や波のコンディションを見ながら4~5時間帆走するのがプログラムのメイン。帆の角度による風量調整や、風がないときのサバニの進め方など、プロのガイドがレクチャーしてくれる。途中でスノーケルもできるし、3日目には、スパトリートメントも受けられる。日ごろのパソコン作業で疲れが溜まる肩回りを中心にしたトリートメントだ。img_159839_4

 ちなみに、サバニの操作に使用するウェークは、やすりで削って持ち手や重さを調整し、仕上げには自分の名前を彫って自作。後日自宅に送ってくれるのだそうだ。プログラムは1人6万3,500円(税・サービス料・宿泊料別)