グルメ

食生活が乱れがちな女性をサポート 野菜ソムリエが開発したスムージーゼリー

img_166371_1 肉や魚はぱっと焼けばすぐに食べられるが、下ごしらえが必要な野菜はつい不足しがちだったりしない? 森永乳業(東京)は、日本野菜ソムリエ協会(東京)が監修した、果汁+野菜汁100%の「&フルーツベジタブル 果実と野菜のスムージーゼリー」2種類を10月2日(火)に発売する。食生活が乱れがちな女性たちのために、野菜ソムリエの資格を持つ森永乳業の社員が開発。仕事と家事・育児の両立を図る女性が、手軽に取れる間食として商品化した。フレーバーは、4種類の果実と21種類の野菜が入った「YELLOW」(45kcal)と、3種類の果実と8種類の野菜が入った「GREEN」(48kcal)の2つ。砂糖・人工甘味料・保存料は不使用。飲みやすいパウチ容器に入っている。90g入りで、希望小売価格は160円(税別)。