ライフスタイル

地域拠点を活用した新しい宅配サービス ネスレと佐川の「MACHI ECO便

main 人手不足が度々取り上げられる宅配業界。ネスレ日本と佐川急便は、その人手不足を解消すると同時に、地域コミュニティーの活性化を目指す、新しい宅配サービス「MACHI ECO便」を10月1日(月)からスタートさせる。MACHI ECO便の最大の特徴は、「ECO HUB(エコハブ)」と呼ばれる地域のストックポイントを活用すること。佐川のドライバーは、それぞれの地域でストックポイントとなってくれた家に荷物を配送。利用者は、「近所のECO HUBに商品を取りに行く」、もしくは「近所のECO HUBから商品を配達してもらう」のいずれかが選択でき、荷物を取りに行く場合は割引が適用される。商品をまとめてECO HUBに集積させることでドライバーの負担軽減を図るとともに、利用者同士の交流で世代を超えた地域コミュニティーの創出を目指す。

sub1 当面、扱うのはネスレの商品だが、順次参加企業を募っていき、ファンケルやルピシアの商品なども対象としていく予定だ。サービス地域は、東京6区(港区・品川区・千代田区・中央区・新宿区・渋谷区)と、大阪4区(北区・中央区・福島区・此花区)。東京地域には専用の宅配ロッカーも配置する。