グルメ

【秋のおうちスイーツレシピ】 薄切りリンゴのタルトタタン

出来上がり!

 涼しくなってくると、オーブン前の作業も苦にならない。秋になって作り始めるのは、栗やリンゴのお菓子。そこで今日はちょっと手間暇かかるタルトタタン。一晩寝かせるという時間はかかるが、作業自体は難しくないし、失敗知らず。リンゴの薄切りを重ね、焼く前にシロップを上掛けすることで、味がきちんとしみ込む。バターとバニラビーンズの香りが特徴だ。「食欲の秋」のお供にいかがだろうか。

材料

パイ生地

リンゴ 6個

〈下に敷くキャラメル用〉

グラニュー糖 120g

水 大さじ2

蜂蜜 大さじ3

〈上掛けシロップ用〉

水 大さじ2

バター 大さじ2

グラニュー糖 大さじ2

レモン汁 小さじ1

塩 少々

バニラビーンズ 1本

作り方

 ① タタン型(ない場合は鍋)にキャラメル用のグラニュー糖、水、蜂蜜を入れて火にかけ、きれいなキャラメル色になったら火を止める。鍋の場合は、オーブンに入るタルト型の底に均等にキャラメル色の液体を敷き詰める。

タタン型。このまま火にかけられ、オーブンにも入るから便利
タタン型。このまま火にかけられ、オーブンにも入るから便利
キャラメルの色は好みで
キャラメルの色は好みで

 ② リンゴの芯を抜き、皮をむいて半分に切り、薄切りにする。①にきれいに並べ積んでいく。ドーム型になってもオーブンで焼けばきれいに下がってくれるので、大丈夫。

りんごは薄切り。バニラの香りが漂う
りんごは薄切り。バニラの香りが漂う

 ③ シロップを作る。鍋に水とグラニュー糖を入れて火にかけ、グラニュー糖が溶けたら火を止める。バニラビーンズから包丁などでこそげたバニラの種と、バター、レモン汁、を加えてよく混ぜる。

 ④ ③のシロップを②にかけ、180度のオーブンで約50分焼く。これを室温になるまで冷まし、パイ生地をかぶせ、180度のオーブンでさらに20分焼く。

 ⑤ ④が冷めたら、アルミホイルをかぶせ、一晩冷蔵庫で寝かせる。

 ⑥ 翌日(食べる前に)アルミホイルをはがして180度のオーブンで約10分温め、型を外す。(お皿をかぶせ、逆さにあける)。 バニラアイスやクリーム、ダブルクリームなどを添えていただこう。

Text coco.g