おでかけ

富士山を眺めてサウナ 河口湖でグランピング

sub1

 お泊まりキャンプは癒やしの時間。それでも大抵の場合、唯一の問題はバスルームだ。キャンプで“簡易”は当たり前、と思っていたけれど、ここは違う。富士山を眺めながらサウナ!だ。河口湖と富士山の絶景が楽しめるエリアに、グランピング施設「Dot Glamping」(Dot Homes・東京)がオープンした。

sub2

 河口湖は夏には避暑地として人気。冬は冠雪の富士山を見ることができ、空気が澄んでいて星空がきれいだ。もっとも河口湖の冬は氷点下を下回ることも多く、キャンプには向かないと言われていた。だが、この施設は冷暖房やベッド、客室専用のシャワー、トイレといった設備を整えた移動型キャビン「Park Cabin」。日本の四季に合わせて一番自然が堪能できる最高の場所に移動、冬の自然も楽しめるような工夫が施されている。サウナ設備は1月末に完成予定で、現在クラウドファンディングを実施している。