まめ学

買い物、外食、通勤は? 緊急事態宣言解除後の予定を調査

Dining room

 仕事も買い物も飲み会もネットで、という緊急事態宣言期間が明けて、気分的には多少風通しが良くなった気配もあるけれど、まだ行動に移せない。そんな感じだ。「緊急事態宣言解除後の意識と行動」についての調査(ネオマーケティング・東京)によると、解除後に外出が増えると考えている人は4割を下回っていることが判明した。

 調査では、一都三県の20~79歳の1,200人(性年代別100人ずつ)から回答を得た。 解除後、平日の外出やショッピングが増えると思う人は35.7%、休日では37.1%。一方、ECサイトでのショッピングは変わらないと思うという回答が73.3%、減ると思う人は12.0%にとどまっており、とりあえずまだネットで済む買い物はそのまま続行という人が多いようだ。

 通勤については、3割が「出勤の機会が増える」と回答。ただテレワークや時差出勤など、緊急事態宣言が解除される前と「変わらないと思う」という回答が半数を超えており、今の働き方がしばらく続くという人も多いようだ。

 宣言解除後、最初の旅行希望時期は「3カ月以内」(29.9%)という回答が最も多い。8月にはお盆の時期に合わせて夏休み、という人も多いから、その時に旅行再開と考える人が多いのかもしれない。次いで「半年以内」(24.3%)、「1年以内」(16.3%)が多かった。