グルメ

おうちにあるもので、3ステップのおいしい料理 普段使いもできる『備えいらずの防災レシピ』

21_original

 災害時など非常時こそ、家庭にある食材で普段に近い食事が取れるレシピを知っていれば心強い。“日常時”と“非常時”という社会のフェーズ(時期・状態)を取り払い、普段利用している商品やサービスが災害時に適切に使えるようにする「フェーズフリー」の考え方に基づいたレシピ本が7月30日に発売される。『備えいらずの防災レシピ 『食』で実践 フェーズフリー』(飯田和子著、東京法令出版、税別1,200円)。購入者限定YouTubeレシピ動画付きだ。

 どんなときでも食は大切。食べることは生きることにつながる。主食編(11品)、 副菜編(7品)、主菜編(6品)、汁物・飲み物編(7品)、スイーツ編(4品)に分け、3ステップで完成する35品のレシピを紹介。「湯せんでできる! カンタンご飯」「冷蔵庫の残り野菜で! 塩昆布で即席漬け」「味付け不要! 加熱も不要! さば缶と切り干し大根の煮物風」「実は、みそと緑茶は合うんです! 郷土料理 茶節」「ザクザク食感! 乾パンチョコスティック」など、楽しみながら作れるおいしいレシピを集めた。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で料理の機会が増えた人の一助にもなりそう。