ライフスタイル

外食? それとも冷凍食品やレトルトで済ませる? 在宅勤務中の昼食はどうしている?

 

 この春以降、急速に広まった「在宅勤務」。現時点でも割合の差はあれ、在宅勤務の日がある人はいるだろう。在宅勤務は家のことが気になってメリハリをつけるのが難しいという人もいるようだが、みんな、昼食どうしているのだろうか? オーヴォ編集部は「在宅勤務中の昼食はどうしている?」というアンケートを行ってみた。 

  調査は、J:COMの投票機能を使って11月29日に実施し、男女401人から回答を得た(コア層35~49歳)。トップは「自炊」43%以下、「コンビニやスーパーで調達」(28%)、「冷凍食品やレトルト」(15%)、「外食」(8%)、「宅配」(5%)と続いた食費の節約や健康気遣ったメニューを作れる利点の自炊だが、昼食の限られた時間調理から食器洗浄、片付けまでを行わなければならない。昨晩の残りのおかずで済ませるというも多いかもしれないが昼食自炊時短レシピや調理器具などの工夫が必要になってくるだろう 

  時短レシピなどでとりあえず簡単に済ませたい昼食自炊メニュー大手ネット通販サイトの簡単レシピ(本)売れ筋ランキングではアルミ製飯ごうのメスティン使ったレシピ本が1位になっているようだ(11日現在)元々ソロキャンパーに人気メスティン焼く蒸す炊くなどのいろいろな調理できる万能調理器具調理後はそのまま食器として使える人気のため品薄となっている通販サイトや店舗もあるようだ。 

  寒さが深まるにつれて新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや普通の風邪も流行してくる。栄養をしっかり取って冬場を乗り切りたいものだ。そろそろの緊急事態宣言前後に購入した備蓄食品の賞味期限などもチェックし、日々の料理でも有効活用していこう。