おでかけ

灯篭の設置場所を増やして“密”を避ける 熊本県・黒川温泉の「湯あかり」

 新型コロナウイルスの“第三波”到来の中、他都道府県への気軽な旅行もままならない状況になっている。観光は、外部からの旅行者のお楽しみの面だけではなく、地域資源を支える大切な要素。地元の人たちも、新型ウイルスの感染拡大を防ぎつつ地域経済を支えるために、さまざまな工夫をしている。

 年間約100万人が訪れてきたという熊本県・黒川温泉。12月19日から2021年5月30日の期間限定で、日暮れから22時まで、竹の間伐材を使った鞠(まり)灯篭のライトアップ「湯あかり」を実施する。例年よりも灯篭の設置場所を増やし、できるだけ1カ所での密集を避け、温泉街を周遊しながら楽しんでもらうことを目指している。

Processed with VSCO with e1 preset
Processed with VSCO with e1 preset

 地域資源を活用した取り組みの1つとして、2012年の冬から始まった催し。竹の球体「鞠灯篭」約500個と、高さ2メートルの「竹筒灯篭」を温泉街の自然景観に溶け込むように取り付け、日暮れから22時までライトアップ。例年は温泉街の川端通りに沿って約300メートルにライトアップしていた。今年は新たに「黒川温泉明神様」と「平野台展望所」にも明かりを増設。「湯あかり周遊マップ」の準備や新型コロナ感染症対策看板の設置などの体制を整えている。

 

 日本各地で問題となっている“竹害”の背景もある。黒川温泉でも、多くの放置竹林において、成長の速い竹の維持管理を持続的に行わないと他の木々を枯らすなど里山の環境を脅かす面があるという。「湯あかり」は、環境維持のため竹林の間伐や再生活動の一環として計画され、飾る竹灯篭はすべて地域の人々の手作りで制作しているという。竹灯篭の使用後は地元の炭窯で竹炭を作り、粉砕したものは肥料や床のクッション材として利用するなど、竹資源の循環に努めている。

【黒川温泉 湯あかり】

■日程 2020年12月19日(土)~2021年5月30日(日) 17時半頃から22時まで
■場所 黒川温泉 丸鈴橋~川端通り・温泉公園・やまびこ旅館前・旅館組合前・黒川温泉地蔵堂・黒川温泉バス停・黒川温泉明神様・平野台展望所