おでかけ

日本初となるシャンパンホテルが誕生! 生産者と作り上げる「Cuvee J2 Hotel Osaka」

Cuvee J2 Hotel Osaka

 “シャンパーニュ(シャンパン)文化の伝え手となる——”。

 このコンセプトをもとに誕生するホテルがある。日本初の“シャンパン”ホテル「Cuvee J2 Hotel Osaka」(温故知新・東京)だ。スパークリングワインの中でも厳格な基準を持つ「シャンパーニュ」。Cuvee J2では、それぞれの客室を「テタンジェ」や「ジャクソン」などのシャンパーニュ生産者(以下メゾン)とともに作り上げ、生産者の世界観が体感できる滞在を提供するという。全15室はすべて半露天風呂付き。部屋にはメゾンからのメッセージや代表的なボトルなどのプレゼントを用意。館内には、寿司とシャンパーニュとのマリアージュが堪能できるカウンター10席のレストラン「AWA SUSHI」(完全予約制)を併設する。オープンは2021年秋の予定。7~14階はワンフロア1室の贅沢な作りで、14階のペントハウスは映画『007』にも登場し、ジェームズ・ボンドが愛するメゾン「ボランジェ」とのコラボルームになっている。

 ホテルの開業に先駆けて、シャンパーニュの古酒(オールド・ヴィンテージ)を中心に扱うECサイト「Tisser by okcs(ティセ・バイ・オックス)」を2月にオープン。ECサイトを通して、シャンパーニュの希少な銘柄を自宅でも楽しんでもらうのが狙いだ。

Cuvee J2 Hotel Osaka

「Cuvee J2 Hotel Osaka」(キュヴェ・ジェイツー・ホテルオオサカ)

大阪市中央区南船場2丁目(長堀橋駅から徒歩3分)

部屋数:15室(3階1室、4~6階各2室、7~14階各1室)(広さは23.81~56.30㎡)

料金:2人1室利用で、一人1泊2食付40,000円~(サービス料込み・税別)
URL:https://www.cuveej2.com
Instagram:https://www.instagram.com/cuvee_j2/
Twitter:https://twitter.com/cuveej2 (@CuveeJ2)