おでかけ

海藻について楽しく学ぼう 星野リゾート リゾナーレ熱海

海藻について楽しく学ぶ体験プログラム「海藻のヒミツ」

 「星野リゾート リゾナーレ熱海」(静岡県熱海市、星野リゾート・長野県北佐久郡)は、3月13日~5月31日の期間、海を守るヒーロー・海藻について楽しく学ぶ体験プログラム「海藻のヒミツ」を開催する。同施設への宿泊者が参加できるプログラム。海藻博士に扮(ふん)したスタッフによるレクチャーのもと、クイズや海藻を観察する体験を通じて、楽しみながら海藻のことを学ぶ。環境問題に目を向けるきっかけにもつながる体験プログラムだ。

 静岡県ホームページ「生物の宝庫 駿河湾」によると、海水の透明度が高く豊かな森から海へと水が流れ込む環境により、伊豆の海藻の数は日本一多く、その数は約400種類を誇るという。冬によく育つ海藻は、春が種類・量ともに最も豊富になる旬のシーズンで、藻場(もば)と呼ばれる海の森を作り、多くの生き物にとっての生息地になるなど、海の環境を守る重要な役目を果たしているという。海藻の持つ意外な一面を知ってもらいたいと、同プログラムが企画された。

ストーリー仕立てで楽しく学べる!海藻博士によるレクチャー

 同プログラムでは、海の深さに合わせて色が異なる海藻にちなんだ3種のキャラクターが登場。参加する子どもたちは研究生として白衣を着用し、キャラクターの海藻をイメージした帽子をかぶって、海藻になりきって参加! 海藻博士がストーリー仕立てでレクチャー。かぶった帽子の色に従って仲間の海藻を見つけたり、役割を当てたりするクイズなどが登場。ストーリーは、海藻おしば協会野田三千代氏(海藻デザイン研究所勤務)の監修のもと、海藻を糸口として環境問題に目を向けるきっかけにつながる内容となっている。海藻をピンセットで海藻を広げてルーペで観察したり、ワカメにお湯をかけて濃い茶色のワカメが一瞬で緑色へ移り変わる様子など、マジックのような色の変化の観察が体験できる。

海藻の意外な一面を知る2つの体験 (1)海藻を広げて観察する 海藻の意外な一面を知る2つの体験 (2)ワカメの色の移り変わりを観察する

 3月13日~5月31日の10:30~11:00、15:30~16:00の開催で、参加費は無料。各回3組(1組最大4人)まで。対象年齢は3歳以上。当日朝8:30から施設内アクティビティラウンジで予約を受け付ける。チェックイン時に検温した宿泊者のみ参加可能。参加者同士のテーブルの間隔を空け、ホテルスタッフはマスクを着用し、健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)を実施、ホテル内の各所に除菌スプレーや手指消毒用スプレーを設置した上で開催する。