おでかけ

ホテルの部屋が展望列車? 叡山電車トレインルーム

i叡山電車トレインルーム

 全国各地に増えているコンセプトルーム。列車好きにとって面白そうなのが、京都タワーホテル(京都市)の「叡山電車トレインルーム」だ。叡山電鉄(京都市)とのコラボ企画で、部屋のデザインは展望列車「きらら」。3月16日に予約がスタートする。

マスコン・ブレーキ

 部屋の目玉は、車両の速度を制御するマスターコントローラー、通称マスコン。重厚さを感じさせるこのマスコンは、引退したデオ600形車両の運転台に設置されていたもの。部屋では実際にハンドルに触れながら、運転しているような気分を楽しめる。

方向幕・行先方向板 ワンマン表示プレート

 また、方向幕や「ワンマン」表示プレート、1990年頃まで多くの車両で使用されていた行先方向板、盆栽風ジオラマと「きらら」模型が組み合わさった「盆ラマ(R)」も展示している。宿泊料金は、2人1室、一人あたり税込み9,500円~