おでかけ

旅行もサステイナブルに! 移動のCO₂排出量をオフセットするプラン登場

main

 新型コロナウイルスの新規感染者数が東京を中心に下げ止まり傾向にあり、第4波も懸念されている状況ではあるが、「3密」を避けながらそろそろ短い旅行でもしたい、と計画している人もいるかな? だったら、旅行も環境に優しいサステイナブルなものを選択してみない?

 日本旅行は、旅の移動で発生するCO₂をオフセットできるオプション「JRセットプランCarbon-Zero」が付いた旅行プラン6種類を発売した。対象となるのは「赤い風船旅コレクション」シリーズで、「北陸」「城崎・湯村・丹後・天橋立」「鳥取・島根」「京都・大阪・神戸・奈良・びわ湖・有馬温泉」「岡山・広島・山口」「四国」の六つ。同社は、滋賀県造林公社と「びわ湖・カーボンクレジット」パートナー協定を締結していて、オプション料金分を造林公社に寄付することによって、鉄道の移動で発生するCO₂をオフセットするという内容だ。

sub1

 オフセット量は、移動距離×鉄道のCO₂排出量で算出する。鉄道の場合は、1kmあたり18gのCO₂が排出されると推定されている(国土交通省の資料より)。オプション価格(100~200円)はオフセット量によって変わり、金沢―京都(224.8km)ではオフセット量が4kg、オプション価格は100円になる。

 プランはすべて関西発で、4月以降の出発となる。旅行代金や宿泊ホテルの情報など、詳しくは同社のHPから。