グルメ

おうちごはんをもっと楽に! 『飛田さんの料理の工夫』が発売から3週間で重版決定

『飛田さんの料理の工夫』
『飛田さんの料理の工夫』

 コロナ禍で自炊する機会が増え、毎日のごはん作りにヘトヘトになっている人もいるかもしれない。本来楽しいはずの料理も、毎日続くと面倒くさく感じることもあるもの。でも、食材のおいしさを引き出すコツさえ知っていれば、家にある食材だけでサッと炒めたり、調味料であえたりするだけでも簡単にご飯を作れる! ということで料理家の飛田和緒さんが時間も食材も賢く使う「料理の工夫」や「シンプルレシピ」を伝授する『飛田さんの料理の工夫』(世界文化社・税込み1,540円)が、2月20日の発売直後から話題になり、3週間で重版が決定した。

sub1

 同書では、素材別においしく食べきるための扱い方や工夫を提案。丸ごと1本使ったにんじんカレー、冷凍ミニトマトのスープ、1個丸ごとゆでて使い切るキャベツレシピなど、食材本来のおいしさを生かしたすぐに作れるシンプルレシピを90品紹介している。素材に合わせた調理法を身に付けて、もっと自由におうちごはんを楽しもう!

sub2

<目次>
1章:「野菜」の工夫
2章:「卵・こんにゃく・豆腐類」の工夫
3章:「肉」の工夫
4章:「魚」の工夫
5章:「乾物」の工夫
6章:「毎日の暮らし」の工夫