ペット

ペット用のフクロウの止まり木 習性と安全性に特化して安心できるスペースを

フクロウの止まり木

 犬、猫、うさぎ、ハムスター・・・。ペットもさまざまだが、フクロウを飼う人も増えてきた。でもどうやって? まずはフクロウが安心して過ごせる場所を用意してあげよう。「フクロウの止まり木」(セラフ榎本・埼玉県川口市)が発売された。

 フクロウの人気は上昇中だが、まだまだペットとしては珍しい動物で、飼育方法が確立されているとはいえず、過ごしやすい環境を作り出すのは簡単ではない。フクロウは普段、木の上でじっとしていることが多く、家で飼う時もフクロウがゆっくり休めるお家を作ってあげる必要がある。そこでこの「止まり木」が必須になってくる。

 フクロウは高い場所から下を見下ろし獲物を狩る動物なので、パーチ(フクロウが止まる部分)を高い位置に設置。丸みのある形状でケガをしにくくなっているだけではなく、鳥類は骨が脆いためパーチで羽を広げてもぶつかるような障害物がないことがポイントだ。

 フクロウは係留飼育(足をひもでつないで飼育すること)が一般的だが、パーチから落下したときにつないでいるひもでフクロウが逆さまになってしまうことがある。でもこの止まり木なら、落下を防ぐための足場もあるから安全だ。価格は29万8千円(税別・送料込み)。