おでかけ

上高地の2021シーズンが幕開け 春の訪れを告げる神事「上高地開山祭」が執り行われる

 

上高地②-1 年間120万人が訪れる国内有数山岳リゾート地上高地(長野県松本市)。国の特別名勝と特別天然記念物に重複指定されている上高地は、面積113.27平方キロメートルに及ぶ文化財だ。今年もゴールデンウィークを前に山の安全と繁栄を祈願する神事の「上高地開山祭」が4月27日に河童橋の橋(きょうはん)で行われ 

    穂高連峰をバックにアルプホルンの演奏や、地元保存会による獅子舞の奉納・鏡開きなどが行われているが、今年は昨年に続き新型コロナウイルスの影響で神事のみが穂髙神社神官と地元関係者よって執り行われ。  開山祭
 今年は上高地開山祭式典に参加できない人のために祭典の様子撮影した動画配信。配信動画はシーズン幕開けとなる安全祈願式の様子とともに、上高地に関わりのある人物を招きインタビュー&トーク展開する。(【上高地公式】2021シーズン上高地開山祭 LIVE配信

   東京、大阪、京都、兵庫に発令された緊急事態宣言(5月11日まで)で連休中の施設の営業気になるところWEBサイトによれば、27日以降、河童橋より下流地域明神地区より奥にあるほとんど施設(宿泊・飲食店など)開業中。現地関係者によれば「上高地ではコロナ対策をし皆様のお越しをお待ちしています」とのこと。  

  湖面に映え山々が美しい大正池や、河童橋から望む穂高連峰。見どころたくさんの上高地は日帰りではもったいない本格的な春を迎えた上高地の雄大な自然を登山やトレッキング満喫してみてはいかが