ライフスタイル

ありそうでなかったエコバッグ 平たいモノを水平に運びたいときに

フラットエコBAG

 大小、お気に入りのエコバッグはそろっているけれど、平たいトレーを水平に入れられる底面積の大きいバッグはなかった。普段の買い物だけでなく、外食せずにピザのテイクアウト、なんていう時にも便利な「フラットエコBAG」(ステレオ・スキップ・東京)が5月13日に発売される。

 缶詰やびん類、ペットボトル、ゴロゴロした色々なカタチの野菜、お弁当やお総菜、肉や魚が入った様々なサイズの食品トレー。これらを全部一つのエコバッグに入れると、“詰め込む”感じになる。肉や魚の食品トレーはどうしても斜めになってドリップは漏れるし、お弁当やお総菜は片寄る。そこでこのフラットエコBAGの出番だ。

 平たく大きいものだけを別にして持つと、それ以外のモノのエコバッグへの袋詰めも楽になるし、中身の変形や汁漏れの心配もなくなる。買い物は毎日のこと、少しのことでストレス軽減の効果は大きいかも。フラットエコBAGはネイビーとホワイトの2色のバリエーションで、価格が税込み1,650円。