おでかけ

1日1組貸し切りのお寺オーベルジュ 仏教の精神と教えを込めたおもてなし

sub1

 コロナ時代のマイクロツーリズムに似合う宿坊の誕生だ。千年以上の歴史ある正暦寺で、お寺のオーベルジュ「Temple Camp正暦寺」(シェアウィング・東京)が6月1日にオープンする。 このお寺がある京都府綾部市は、豊かな森とともに発展してきた「森の京都」とよばれる6都市の一つ。ゆっくりと流れる時間の中で自分と向き合う仏教的な体験と、個別化されたおもてなしで心と体を調えるこの宿坊は、京都から電車で1時間。料理人としての経験を持つ住職が、献立づくりから調理、ゲストとの対話まで行うもてなしの中に、仏教の精神と教えを込めているという。地元綾部名産の地鶏の黒峰シャモを1羽余すことなく使うフルコース、季節の野菜をふんだんに使ったオリジナルフルコースで、美食と地酒を楽しむ一日がそこにある。1泊2食付き 2人1室 35,000 円/人~。