SDGs

ライオン×テラサイクルジャパン ハブラシリサイクルのポスターを募集

2020年のコンテストで未就学部門最優秀賞を受賞したデザイン。
2020年のコンテストで未就学部門最優秀賞を受賞したデザイン。

 “捨てるという概念を捨てる”という企業理念のもと、世界各国でリサイクル事業をリードするテラサイクル(本社はアメリカ)。日本でも先月、再利用可能な容器を使用するショッピングプラットフォーム「Loop」をスタートさせ、年々その事業を広げている。そのテラサイクルとライオンがハブラシリサイクルをテーマとしたポスターコンテストを開催。ポスターのデザインを募集している。

 4回目となる今年のテーマは「ハブラシ・リサイクルプログラムを広めよう」。このテーマに沿ったポスターを未就学児~高校生を対象に募集する。テラサイクルと協働で実施しているハブラシ・リサイクルプログラムを2015年から行っており、これまでに全国760拠点で約78万本の使用済みハブラシを回収。ハブラシを植木鉢にリサイクルしている。

poster2
2020年コンテストで中学校部門最優秀賞を受賞。

 デザインの募集は10月22日(金)まで(当日消印有効)。デザインは未就学部門・小学校低学年部門・小学校高学年部門・中学校部門・高等学校部門ごとに募集する。11月15日(月)に最優秀賞・優秀賞・佳作をそれぞれ2人ずつ選出。作品デザインのマグカップ、テラサイクルの製品、ライオンギフトセットなどを副賞としてプレゼントする。

 ハブラシ・リサイクルプログラムはライオンがSDGsの一環として取り組んでいる事業。プログラムを通してSDGsを身近に考え、体感してほしいとの思いがある。このプログラムは夏休みの自由研究にもピッタリ。ハブラシをはじめ、毎日使っている商品がその後どうなるのかについても親子で調べてみてはいかが?