ペット

毎日の愛犬との散歩でゴミ拾い SNS投稿で輪を広げ、ワンちゃんの社会的地位アップ!

plogginglogo_guideline_1500

 毎日の愛犬との散歩の中でゴミ拾いをして、その様子をハッシュタグ「#ploggingdog」を付けてインスタグラムに投稿。活動の輪を広げ、いつもの散歩道をきれいに! 犬と人間の共生を目指すプロジェクトを運営するenkara(東京)が、4回目となる「#plogging dogアクション」を9月4日(土)から18日(土)に開催する。

 plogging(プロギング)はスウェーデン発のフィットネスで、環境問題と健康問題を並行して解決することを目指す新スポーツ。「PlockaUpp(ゴミ拾い)」×「Jogging(ジョギング)」が由来。enkaraでは、ウォーキングを通してプロギングを行っている。参加者がオンライン上でコミュニケーションを取り、好きな場所で街中に落ちているゴミを拾う活動だ。

 日常の散歩に新しいマナーをプラスし、楽しく健康的に犬の社会的地位向上を目指すことが目的。軍手やトング、ゴミを入れられるもの(袋や紙コップなど)、身の回りにあるものを使って気軽に参加しよう。各スポンサー企業のコンセプトに合う参加者に、環境に配慮した工程で作られたエコバッグ&LED照明付きディスペンサーのセット、アイウェアなどの賞品のプレゼントもある。

 今まで170匹の犬が参加している活動。ゴミを拾いながらの散歩は、人にとってより負荷がかかり、運動効果が期待できる。愛犬と一緒に散歩しながら路上に落ちているゴミを拾い、街をきれいにしながら自分もヘルシーに。それぞれの場所でゴミを拾うという小さな行動も、社会的に大きな意義がある。とにもかくにも、自分の大好きな街、いつもの散歩道がきれいになることはシンプルに気分が良いもの! とはいえ一番大切なのは、愛犬とのお散歩の時間そのもの。無理なく自分と愛犬のペースで楽しく参加しよう。