おでかけ

お手伝い+旅=おてつだび 広島・尾道の農家をお手伝いしながら旅を楽しもう

main

 地域の季節的・短期的な人手不足と、それを手伝いたい人をつなぐマッチングサイト「おてつたび」 (おてつだび・東京)。このほど、「せとうちファンづくりプロジェクト」(広島県竹原市・三原市・尾道市、JR西日本)と連携し、尾道市瀬戸田地域の「農繁期で人手不足に悩む柑橘農家」「観光の閑散期であるゲストハウス」「地域や農業に関心のある若者」の三者をマッチングさせ、農業と観光双方の地域課題の解決を目指す。参加者を10月15日(金)から募集する。現地でのお手伝いの期間は、11月27日(土)~12月15日(水)。募集期間は2週間程度。

 日本各地の素敵な地域へ行く人が増えることを狙いとした「おてつだび」。「人手不足に悩む農家」と「地域・農業に関心のある若者」をマッチングさせ、参加者はゲストハウスに滞在するというスタイル。参加者は、地域の困り事を手伝い、報酬を得て旅費を軽減しながら旅をすることができる。大学生をはじめとする地域に興味のある若者層などが利用し、応募倍率は3~5倍と注目を集めているという。

sub2 sub3

 今回の取り組みの舞台となる尾道市瀬戸田地域は、島の約半分が傾斜地で日当たりが良いこと、年間の降水量が少ない温暖な気候であることを生かしたかんきつ類の栽培が盛ん。「せとだエコレモン」などの国産レモン生産地としてその名を知られている。澄んだ青い海からの潮風に、かんきつの爽やかな香りを感じられるのも魅力のひとつ。同地域のかんきつ農家は、11月~2月の農繁期の人手不足が課題。日によって必要な人数に違いがあり、個人農家が家族以外の人を対象に単独でお手伝いを募集するのが難しい面がある。農業のお手伝いをしてくれる参加者にはゲストハウスに滞在してもらい、ゲストハウスや近隣の土産物屋、飲食店など地域経済の活性化にもつなげたい考えだ。お手伝い内容は、宿泊施設の清掃・接客、収穫等の農作業、梱包・発送作業等多岐にわたる。

sub5

 移住や観光とは異なる、地域や地域の人々と多様な形で関わる「関係人口」創出も狙い。終了後のアンケートでは9割以上が「地域にまた訪れたい」と答え、移住・定住した事例もあるという。今回のモデルを基に今後、3市の他のエリアにも水平展開し、農繁期の人手不足に対してお手伝いで人が訪れることが常態化し、せとうち地域のファンが増えていくことを目指していく。