SDGs

コーヒーかすからできたサステイナブルな器具 コーヒー好きのブレイクタイムに

main

 朝食時やちょっとした息抜きの時間のお供に愛飲されているコーヒー。しかし、コーヒーのかすは、温室効果の高いメタンガスを生成するため環境に悪影響を及ぼすともいわれている。そんなコーヒーのかすを利用してコーヒーを楽しむためのグッズを生み出している『SUS coffee(サスコーヒー)』(アイグッズ・東京)から、新商品が登場する。11月後半に発売されるのは、「SUS coffee frenchpress(サスコーヒーフレンチプレス)」「SUS coffee dripper(サスコーヒードリッパー)」「SUS coffee coffee mill(サスコーヒー コーヒーミル)」「SUS coffee beans clip(サスコーヒービーンズクリップ)」の4種類。コーヒーの風合いを生かしたおしゃれなデザインで、いつものコーヒータイムが楽しくなりそうだ!

sub1

 SUS coffee frenchpress(税込み2,750円)はシックなカラーでインテリアとしても見栄えのいいデザイン。1回に3~4杯分のコーヒーをいれることができる。コーヒーの粉とお湯を入れるだけで、誰でも安定したコーヒー抽出ができる。フィルターは分解ができるのでお手入れも楽ちん。使い捨てのコーヒーフィルターも不要なのもうれしいポイントだ。SUS coffee dripper(同660円)は5~6杯分のコーヒー粉が入るサイズで、便利な計量スプーン付き。SUS coffee coffee mill(同2,750円)は最大6杯分の豆をひくことができる。レバーで好みのあらさに調整でき、本体には滑り止めが付いた転倒防止の安心仕様。丸みを帯びた上品な形状とマットなブラウンカラーは使わない時は飾ったり、コーヒー好きな人へのプレゼントにもぴったりだ。SUS coffee beans clip(3個入り・同440円)は豆の袋をきちっと止めていつでも新鮮な豆が味わえる。食材のクリップとしてだけではなく、書類をまとめるなどさまざまな用途で使用できる。価格はいずれも税込み。

sub2

 またアイグッズでは、SUS coffeeシリーズ1商品ごとに開発途上国へ給食費1食分の寄付を行っている。食品廃棄物を再利用し資源を削減するだけでなく、寄付を通して食の不均衡を解消していく試みだ。