ライフスタイル

ほうろう製のはんごう「琺瑯メスティン」を発売 IHにも対応、阪和ホーロー

ほうろう製のはんごう「琺瑯メスティン」を発売 IHにも対応、阪和ホーロー 画像1
大阪琺瑯 「琺瑯メスティン」

 

 ほうろう製品加工・販売の阪和ホーロー(大阪府泉南市)は、同社の技術・知識を生かした新ブランド「大阪琺瑯(ほうろう)」から、ほうろう製はんごうの「琺瑯メスティン(OH-001)」を発売した。販売価格は4400円。

 「琺瑯メスティン」は、昨今のキャンプブームで人気の調理器具「メスティン」をほうろう化した日本初の商品。たき火などの直火だけではなく、IH(電磁加熱ヒーター)にも対応し、オーブンを使ってパンを焼くこともできるという。商品の重さは約365グラム、本体サイズ(ハンドル含む)は190×92×45ミリ。
 ほうろう製は酸に強く、トマト料理やワインを使う料理にも適し、火の当たりも優しいため、野菜の水分だけで調理することも可能だ。調理後は湯を流すだけで、たき火の炭汚れからカレーなどのソースや油汚れも簡単に落とすことができるとしている。

 阪和ホーローは「おいしさとほうろうの欠けさえも思い出としてこの『箱』に詰め込んでほしい」としている。