おでかけ

2人乗り自転車で嵐山散策 今年で最後の「嵐山花灯路」も

僧である道昌が架橋したのが始まりとされる「渡月橋」は今では嵐山のシンボル
僧である道昌が架橋したのが始まりとされる「渡月橋」は今では嵐山のシンボル

 コロナ禍が多少おさまっているように見える今だが、「密」を避けるに越したことはない。京都を旅するなら、2人乗りの自転車でという方法がある。一緒にペダルをこぎながら、おしゃべりしながら風景を楽しむ。「Tandem Trip(タンデムトリップ)」(インデンエンターテイメント・京都市)は、完全予約制で京都観光が楽しめるタンデム自転車レンタルサービスだ。

2人同時にペダルを漕ぎ、会話しながら目的地へ
2人同時にペダルを漕ぎ、会話しながら目的地へ

 通常の自転車との違いは2人乗りであること。息を合わせてペダルをこぎながら目的地を目指すため、協力してたどり着いた達成感はひとしお。美しい街並み、自転車操作、目的地へのルートなど会話も弾む。また、12月中旬には「嵐山花灯路」がスタート。竹林の小径や渡月橋、寺院といった名所を露地行灯の柔らかな明かりでライトアップする行事で、ぽっと光る幻想的な雰囲気が嵐山を包み込む。開催から20年目を迎えた今年でその歴史に幕を閉じる。昼夜で異なる2種類の表情を楽しむことができるラストチャンスだ。

陽の光のなかで見る渡月橋とはまた違う、灯りに照らされた幻想的な景色を楽しめます
陽の光のなかで見る渡月橋とはまた違う、灯りに照らされた幻想的な景色を楽しめます
旅のスタート、ゴール地点は「eXcafe(イクスカフェ)京都嵐山本店」
旅のスタート、ゴール地点は「eXcafe(イクスカフェ)京都嵐山本店」

 自転車は2時間(1組2人分)パックで税込み3,300円(一人あたり1,650円)。