グルメ

りんごのシュトゥルーデル 【今日のおやつ】

アプフェルシュトゥルーデル

 冬になると粉糖のかかったお菓子が増える。特にクリスマスを迎えるこの時期、雪に見立てた粉糖はデザートやおやつの時間を華やかにする。今回はオーストリアやドイツでよく食べられているシュトゥルーデル。生地を一から作るのは大変だから、市販のパイシートを使った“なんちゃって”バージョン。中身はりんごの「アプフェルシュトゥルーデル」だ。

【材料】

· パイシート 1枚

· りんご 3個

· オレンジ 1個

· レーズン 80g

· ラム酒 適宜

· アーモンドパウダー 80g

· バター 30g

· グラニュー糖 50g

· はちみつ 大さじ2

· 卵 1個

· グラニュー糖+シナモンパウダー 少量

· 粉糖 適宜

【作り方】

1. レーズンをラム酒に漬けておく。

2. りんごは皮をむき、サイコロ型に切る。オレンジは絞っておく。

3. りんごをバターでソテーし、2のオレンジジュース、はちみつ、グラニュー糖を加えて混ぜ、10分くらい弱火で煮、水分がなくなったら火を止めて冷ましておく。

4. オーブンを200度に温めておく。

5. パイ生地を薄い長方形に伸ばし、中央にアーモンドパウダーの半量をバンド状に伸ばして置く。

6. 5のアーモンドパウダーの上に3のりんごを置き、その上に残りのアーモンドパウダーを振りかける。

7. りんごの詰めものをパイ生地で包み、左右両端を少し折って留める。

8. 卵を溶き、パイ生地の表面にはけなどで塗る。

9. グラニュー糖とシナモンパウダーを混ぜたものを上から振りかける。

10. 200度のオーブンで15~20分焼く。

11. 焼き上がって粗熱が取れたら、表面に粉糖を振る。