ライフスタイル

寒い・暑い・書類が飛ぶ…… エアコンの悩みを手作り風よけで解消

43007_RJsxATUlsO エアコンを使っていると、風が当たる場所は極端に寒く、逆に冬場は暑すぎるということも。体調を崩したり、乾燥のしすぎにもつながる。職場ではエアコンの風で書類が飛ぶなんていうことも。そんなお悩みも解決できるのが、空調機器、空調関連部品の製造・販売を手がけるアイディー・シーが発売した「エアコン風除け手作りキット アレンジ・ルーバー」。設置場所に合わせて自在にアレンジできる新発想の風よけルーバーだ。

 従来、エアコンの風を部屋全体に送る「アシスト・ルーバー」を展開している同社だが、より現場に合った長さや幅、美観の調整に対応できるよう、どんな材料でも取り付けられるブラケットと可動ステーを組み合わせ、超軽量の高剛性発泡基材を一式とした「エアコン風除け手作りキット アレンジ・ルーバー」を開発した(実用新案出願済)。

 43007_uWCVhSWXlI風よけの本体となるルーバーを超軽量化し、好みの材を貼り合わせて使用できるようにしたことで、例えば、料亭の座敷に埋め込まれたエアコンには、「アレンジ・ルーバー」の基材に本物の木の板を貼り合わせたり、オフィスの天井に埋め込まれたエアコンには壁紙を貼り合わせたりするだけで、ビルトイン品質の風よけルーバーとなる。基材はカッターなどでカットすることができるため、風よけルーバーを装飾にしたり、小さくカットしてカーエアコンの風よけとして使用することもでき、まさにアレンジ自在。職場のエアコン環境に困っている人は、「アレンジ・ルーバー」導入を提案してみては?

「アレンジ・ルーバー」紹介ページ