おでかけ

“富士山駅”誕生5周年記念イベントを開催 たそがれの富士山を楽しむ特急も運行

DSC_1196 文字通り富士山の玄関口である「富士山駅」が誕生してから5周年。富士急行では、それを記念して7月1日(金)、3日(日)、4日(月)の3日間、さまざまなイベントを開催する。

 富士山駅は、1929年(昭和4年)に開業した富士吉田駅が、5年前に駅名を変更して誕生。富士山エリアの玄関口として国内外から訪れる多くの人が利用している。

 このイベントの目玉は、今年4月にデビューした新型特急・富士山ビュー特急初の夜間運行となるイベント列車「富士山ナイトビュー特急」。車内では、たそがれ時の富士山を眺めながらワインや地ビールとともに、地元の和食料理屋「仙瑞」による贅沢な和食おつまみが楽しめる。

 このほか、運転台見学や洗車機通過体験ができるフジサン特急ミニツアー、富士山駅誕生5周年記念入場券の発売など、企画がもりだくさんだ。