ライフスタイル

子どもが自分で整理できるようになる ママムジラーの無印良品活用術

ママムジラーの長く使える ずっと愛せる「無印良品」探し
ママムジラーの長く使える ずっと愛せる「無印良品」探し

 子どもに「片付けなさい!」、「自分で準備しなさい」と言っても、なかなかその通りには動いてくれない。どうやら、自分で片付けたり準備したりしやすい環境を整えてやることも大事なようだ。でも、その環境作りってどうすればいいの? そんな疑問に答えてくれる本『長く使える ずっと愛せる「無印良品」探し』(税別1,200円)が主婦の友社から発売された。

 熊本県で夫と小学生の息子と保育園児の娘と暮らす、整理収納アドバイザー、整理収納コンサルタント、親・子の片づけ インストラクターであるmujikkoさん初の書籍。mujikkoさんは、無印良品の使い心地などを中心にレポートしたブログ「良品生活」が人気のブロガー。同書では、息子と娘の成長に応じて無印良品アイテムを七変化させてきたmujikkoさんならではの視点で、無印良品の名品を実際の使用体験を交えて紹介。デザインやモジュールが変わらないからこそできる無印良品アイテムの買い足しや増設の記録も、分かりやすい写真とともに紹介している。ツウでなければ知らない無印良品の使い方が満載だ。

sub1 例えば、パーツを選んで自由に組み合わせることができる「スタッキングシェルフ」の活用術。mujikkoさんはこの「スタッキングシェルフ」をリビング横の子どもスペースに配置。3段×2列に分解して横置きにし、上段中央に教科書、上段右に体操服を収納。シェルフの上にランドセルを置き、子どもの目線にあるマグネットボードに貼った時間割を見ながら、そろえられるようにしている。子どもが整理や準備に自発的に取り組めるようなアイデアのほかにも、壁に付けられる家具を使った手軽な模様替え方法や、スペースを効果的に使う収納術なども。役に立つアイデアをたくさんいただいてしまおう。

 

 『長く使える ずっと愛せる「無印良品」探し』
著者:mujikko(ムジッコ)
発行:主婦の友社 定価:本体1,200円+税