ライフスタイル

かゆみの元を誘導するタンパク質を発見 アトピー性皮膚炎の新治療に期待

96958A9E808182E6E1E0E6E3E58DE2E6E2E3E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1146892009012017000000-PB1-1 かゆい時は、かくなと言っても無理である。まして子どもの場合は、無意識にかいていることも多い。そんなつらいアトピー性皮膚炎に悩んでいる人に朗報だ。九州大学の研究グループは、アトピー性皮膚炎でかゆみの元となる物質「IL-31」の産生に、EPAS1というタンパク質が重要な役割を果たしていることを発見した。日本では、国民の7~15%がアトピー性皮膚炎にり患しているといわれている。

 研究グループは、DOCK8という分子を欠損した患者が重篤なアトピー性皮膚炎を発症することに着目し、DOCK8が発現できないように遺伝子操作したマウスで実験したところ、IL-31の産生が著しく増え、重篤な皮膚炎を自然発症することを見いだした。さらに、DOCK8の下流でEPAS1が作動し、IL-31の産生を誘導していることも突き止めた。この仕組みは、アトピー性皮膚炎の患者でも同様だったという。

 EPAS1の働きを止めることができれば、かゆみを根本から解決することができる。早い時期に治療薬が開発されることを期待したい。