おでかけ

【原宿カフェ】ニュージーランド発のカフェで味わうイースターの伝統スイーツ

【原宿カフェ】ニュージーランド発のカフェで味わうイースターの伝統スイーツ 画像1

(c)Mojo Japan

ニュージーランド・ウェリントンからやってきたハイグレードなコーヒー
【原宿カフェ】ニュージーランド発のカフェで味わうイースターの伝統スイーツ 画像2
(c)Shio Narumi

エスプレッソのコーヒーが主流のウェリントンでは、大型チェーン店ではなくブティックコーヒーのショップがひしめき合います。その中でも市民の絶大な支持を得たモジョコーヒー。この「モジョ」には、「自分にしかない力」という意味があります。

ここ日本でも変わらずに力を入れているのは、コーヒー豆のクオリティの高さ。豆選び、そして鮮度にこだわり、本国と同じレシピで焙煎しています。ウェリントンのこだわりのコーヒーが日本で味わえるのはうれしいですね。

日替わりのブレンドコーヒーはもちろん、ニュージーランドで定番の「フラットホワイト」を是非味わってみたいところ。ラテより泡とミルクが控えめなので、エスプレッソ感が楽しめます。日本ではミルク感の強いラテが多いですが、こちらのフラットホワイトは、コーヒーの酸味や苦み、香りといったものがしっかり伝わってきて、実にいいバランスです。ラテ好きの筆者は一発でファンになってしまいました。

伝統のスイーツ、ホットクロスバン
【原宿カフェ】ニュージーランド発のカフェで味わうイースターの伝統スイーツ 画像1

(c)Mojo Japan

英語圏に伝わるこのホットクロスバンは、ニュージーランドでは新年に入るとちらほらと出てきて、イースターに楽しむ季節のスイーツです。ドライフルーツとスパイスが入って、クロスで彩られるのが特徴とか。

【原宿カフェ】ニュージーランド発のカフェで味わうイースターの伝統スイーツ 画像4
(c)Shio Narumi

いただいてみると、温められたパンの柔らかさ、甘味にほっとします。この甘味の秘密は、表面にうっすらかかったアプリコットジャムだそう。ドライフルーツはレーズンとオレンジピール、スパイスはシナモンとナツメグが使われていますが、どぎつくなく、マイルドな風味です。そしてクロスの部分が、キャンディのようにカリカリし、なんとも楽しい食感のアクセントになっています。バターの塩気がよく合います。

天然酵母でつくられたこのバンは、併設のベーカリー「Urban Bakers」で焼かれたもの。ホットクロスパンとセットドリンク650円です。

ホットクロスバンは朝に食べるイメージのものらしく、こちらのカフェでも朝によくオーダーが入っているそうなので、早めにおでかけください。

【原宿カフェ】ニュージーランド発のカフェで味わうイースターの伝統スイーツ 画像5
(c)Shio Narumi

陽の当たる明るい店内で楽しむニュージーランド
【原宿カフェ】ニュージーランド発のカフェで味わうイースターの伝統スイーツ 画像6
(c)Shio Narumi

お客さんは、土地柄のせいかファッション関係の方、若い女性が多いそう。銅を使った個性的なシャンデリアが目を引きます。

店舗では、ニュージーランドで人気のレモンポレンタ、キャロットケーキやバナナローフといったスイーツが、またハム&チーズクロワッサンなどのサンドイッチがいただけます。

コーヒーの他、ニュージーランドから取り寄せたオーガニック・ソーダやクラフトビールも珍しく、そそられました。

なお、直営店は原宿のほか、神楽坂、早稲田にもあり、違ったテーマのインテリアの中、同じメニューが楽しめます。

モジョコーヒー
Harajuku
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-22-15
Tel : 03-6721-0263
営業時間 :
月〜金 8:00〜19:00
土日・祝 9:00〜19:00
http://mojocoffee.jp/cafe/

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。