おでかけ

立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】

立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像1
©PR TIMES

国内人気旅行先で常にトップ3に入る、沖縄。沖縄の魅力には、国内でありながら海外リゾートの雰囲気、透き通った青い海、南国の過ごしやすい気候、新鮮で甘いフルーツなどがあります。さらに、沖縄に温泉があったら完璧ですよね。実は沖縄にも温泉があるのです。しかも、那覇空港近くというアクセスの良さ。沖縄で温泉とは、とても新鮮な感じがしませんか。気になりますよね。

沖縄に温泉があるって本当?
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像2
琉球温泉 龍神の湯
© PR TIMES

瀬長島の地下1,000mから毎分500ℓの湯が湧き出る、ナトリウム一塩化物強塩泉の天然温泉「龍神(りゅうじん)の湯」。保湿力が高く、身体が芯から温まる「美肌の湯」と言われています。女性には嬉しいですよね。雰囲気の異なる「金龍の湯」「銀龍の湯」に分かれ、それぞれ日替わりで男湯・女湯が入れ替わるのも楽しみ。沖縄一の夕日が眺望出来る絶景オーシャンビューの温泉です。南国特有の強い紫外線が気になるところですが、日除けネットが施されていますので、安心してゆっくりお湯に浸かれますよ。

那覇空港から車で約10分のアクセスの良さ
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像3
瀬長島
©沖縄観光コンベンションビューロー 

那覇空港から海中道路で繋がっている、周囲1.8kmの小さな離島「瀬長島」。離島なのに、那覇空港から車で約10分とアクセスの良さが人気。「琉球温泉瀬長島ホテル」は、テレビやメディアでも取り上げられることの多い人気のホテルです。

ツボにも効く「壺湯」
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像4
独り占めできる「つぼ湯」
©PR TIMES

温泉を独り占め出来る「壺湯」は、頭を少し反ると壺の縁が首のツボにあたって、心地よい刺激。温泉に浸かって、疲れが癒されていきますね。

圧倒的人気の絶景「立湯露天風呂」
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像5
©琉球温泉 瀬長島ホテル 

120センチほどの深さの立ち湯が一番人気。露天風呂に浸かるあなたの目前は、素晴らしい海原が広がっています。遮るものは何もなく、まるで海に浮かんでいるよう。「絶景立湯に入るために来た」というファンも多いのです。

昼間は沖縄ブルーの海、サンセット時には沖縄一の夕日、夜間には星空が眺められます。

お花が浮かぶこともある内湯
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像6
©PR TIMES

絶景の露天風呂も良いけれど、内湯もお見逃しなく。毎月26日の「風呂の日」には内湯のイベントがあります。4月26日は「フラワーバスの日」で、お花が浮かぶロマンティック風呂ですよ。他にも「ソフトクリームの日」など覚えておくと得するイベントがあります。4月のデイリーイベントの詳細はこちら。最新情報は、フェイスブックでご確認くださいね。

エアポートビューのお部屋が大人気
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像7
瀬長島・大嶺海岸
©沖縄観光コンベンションビューロー 

立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像8
瀬長島・大嶺海岸
©沖縄観光コンベンションビューロー 

瀬長島は那覇空港に程近いため、目前に飛行機の離発着が眺められます。ホテルの部屋から飛行機を望める「エアポートビュー客室」が人気。特に夜空に浮かぶ飛行機は、旅情を盛り上げてくれます。お部屋は2重サッシ構造で防音対策をしているので、騒音を感じる人は少ないようですよ。

離島の小高い丘に建つホテルなので、周囲は360度オーシャンビュー。お部屋から、沖縄ブルーのビーチを眺められます。

気分は人魚姫
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像9
©PR TIMES 

ビーチリゾートですから、もちろん温泉以外のアクティビティも楽しめます。沖縄の海とプールがひとつにつながる「インフィニティプール」の営業は、2018年4月28日より開始。プールの縁に手すりなどがなく、海と繋がっているように見えるプールで、人魚姫のような気分になれますよ。

日帰り温泉利用も可能
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像10
©PR TIMES

残念!沖縄の他の離島に予約済だけど、温泉には入りたいあなたには、日帰り温泉利用も可能ですよ。那覇空港に近いので、沖縄旅行の初日または最終日でも便利ですね。

琉球温泉 龍神の湯 日帰り利用

■営業時間:6:00~24:00(23:00最終受付)
■入館料:大人(中学生以上)…平日 ¥1,330 / 土日祝 ¥1,540  ※入湯税・消費税込

詳細については、公式サイト 「日帰り温泉について」でご確認ください。
http://www.hotelwbf.com/senaga/jp/hotbath/index.html

沖縄琉球温泉 瀬長島ホテル

住所:901-0233 沖縄県豊見城市字瀬長174番地5
アクセス:那覇空港から車で約10分。(陸路でつながっています)
電話:098-851-7077
公式サイト:https://www.hotelwbf.com/senaga/

https://www.youtube.com/watch?v=zsfR46D0qPM
沖縄 琉球温泉瀬長島ホテル 龍神の湯 (Ryukyu Onsen Senagajima Hotel)/Senagajima Hotel

サンセット&ナイトツアーも楽しそう
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像11
ショッピング・グルメスポット ウミカジテラス 
©PR TIMES 

夕方16:00~16:25頃に那覇市内の2か所を出発し、17:00~21:00の4時間、瀬長島滞在を堪能する日帰りバスツアー。「琉球温泉 龍神の湯」で夕日を眺めながらの入浴、バーベキューディナー、ショッピング・グルメスポット「ウミカジテラス」の散策など、瀬長島の魅力がぎゅっと詰まっています。

瀬長島サンセット&ナイトツアー

料金:大人(中学生以上) ¥4,980
料金に含まれるもの:往復の送迎代・BBQ食材セット・BBQ機材レンタル料・温泉入浴料・バスタオル・フェイスタオル
サービスURL : https://www.wbf.co.jp/oka/special/senagajima-bus.php

ひとり旅でも、温泉好きのお母さんを連れてきても
立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】 画像1
©PR TIMES

ビーチリゾートと温泉を欲張りに楽しめる、沖縄注目の温泉。

ひとり旅でのんびりするも良し、温泉好きのお母さんを誘っても喜びそうですね。もちろん女子友と一緒でも、恋人とロマンティックな旅でも。

沖縄の琉球温泉、ぜひ行ってみたいものですね。

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。