おでかけ

快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで!

快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像1

仕事に追われ、毎日のように遅くまで残業。帰宅しても慌ただしくメイクを落として寝るだけ…。お家で過ごす時間にもうちょっと余裕あればいいのに、という忙しい女性にピッタリなタクシーが登場!

お披露目会に参加してきましたので、その様子をご紹介しましょう。

美容ケアしながら帰宅できる!働く女性にうれしいタクシー
快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像2

日本交通とネスレ日本がコラボした「眠れる森の美女タクシー」。6月1日まで期間限定で運行しています。眠りに落ちる王女を描く童話をモチーフにしたタクシーで、時間を有効活用したい多忙な働く女性をサポート。帰宅時間を使って「美容ケア」できる空間・サービスを提供するというもの。
眠りを妨げないカフェインレスのコーヒーも無料で提供してくれます。香り高いコーヒーでリラックスしながら車内で過ごせるのはなんとも夢のようですね。

快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像3

お披露目された「眠れる森の美女タクシー」。広々としたワゴンタイプのトヨタ「エスクァイア」を導入。一般的なタクシーよりもゆったり寛げるのが魅力!

リラックス気分を高めてくれる、快適な車内
快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像1

ふかふかのシートが敷き詰められた座席。筆者も実際に座ってみましたが、肌ざわりがよく体全体が包み込まれワンランク上の快適性でした。足元にはフットレストもあるので、仕事で疲れたカラダも一気に癒されそう。

快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像5

快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像6

車内にはメイクオフ用シート、パック、鏡が用意。窓にはカーテンもあるので人目を気にせずにメイクを落としたり、パックを使った美容ケアが可能。送迎は女性ドライバー限定なのでなにかと安心です。

快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像7

さらに身体のマッサージや目元ケアグッズなど、極上のリラックスタイムを演出するアイテムも。

睡眠の妨げにならない、カフェインレスコーヒーのサービスも
快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像8

車内でいただけるコーヒーは「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス 無糖」。美容に大切な夜間の眠りの質を保つため、睡眠の妨げにならないノンカフェインタイプ。アイスクレマサーバーで注がれるので、ふんわりしたきめ細かいクレマ(泡)も楽しめますよ。

快適な車内で美容ケアしながら帰宅できる!「眠れる森の美女タクシー」の受付は5月20日まで! 画像9

活性酸素と戦うことで知られるポリフェノール。1日当たりの理想的な摂取量の目安は1,000〜1,500mg以上と言われているようですが、日本人の平均的な摂取量はこれより少ない状況なのだとか。これが1日にコーヒーを3杯飲むことによって理想量になるのだそう。紫外線がますます強くなるこの季節には、美容のためにもしっかり摂っておきたいですね!

応募受付は5月20日まで!
「眠れる森の美女タクシー」の運行エリアは東京23区、三鷹市、武蔵野市限定。2018年5月17日(木)~6月1日(金)18時〜24時まで運行(平日のみ)。下記URLの予約フォームにて当選した場合のみ乗車可能です。応募受付は5月20日まで!
毎日頑張っている自分へのご褒美として、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

>>>予約フォーム

日本交通×ネスカフェ 眠れる森の美女タクシー
運行日時:2018年5月17日(木)~6月1日(金) 18時~24時 ※平日のみ運行
運行エリア:東京 23 区、三鷹市、武蔵野市
料金:乗車のタクシー運賃のほか、予約料金410円、迎車料金410円が別途必要。高速道路後利用の場合は別途通行料も発生
提供サービス:勤務先もしくは東京駅・品川駅・羽田空港から自宅・宿泊先のホテルまでの送迎を女性ドライバーが担当

[日本交通株式会社]
[ネスレ日本株式会社]
[Photos by Nao]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。