おでかけ

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像1

日本からオランダに旅行で訪れる場合、首都アムステルダムを中心に観光されるのではないでしょうか。けれどオランダは、日本の九州程度の面積にたくさんの魅力的な街が点在する国。公共交通機関も発達しているので、アムステルダムから日帰りで訪れることができる場所もたくさんあります。今回は、南ホラント州に属するデルフト(Delft)という街を取り上げたいと思います。オランダ在住の筆者が遊びに行った際のルートをご紹介させてくださいませ。

「フェルメール・センター」でフェルメール絵画への理解を深める

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像2
(c)Naoko Kurata

アムステルダム中央駅からデルフト駅は、直通の急行電車で約1時間。直通電車はだいたい30分に1本ですが、途中の駅で乗り換えたりしながら行くこともできます。
デルフト駅に着いてまず目に入るのは、モダンな天井。2015年に改装され、近代的なデザインに生まれ変わったのです。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像3
(c)Naoko Kurata

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像4
(c)Naoko Kurata

そこから筆者が向かったのは、徒歩15分ほどの場所にある「フェルメール・センター」(Vermeer Centrum)。デルフトで産まれ、生涯この街で過ごしたオランダの画家フェルメールの足跡がたどれる施設です。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像5
(c)Naoko Kurata

入場チケットと、日本語の解説ペーパー。日本語のオーディオガイドはありませんが、施設が日本語の用紙を用意してくれています。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像6
(c)Naoko Kurata

フェルメールが描いた37点の絵画は世界各地に点在していますが、この「フェルメール・センター」には、彼の作品すべてのレプリカが展示されているのです。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像7
(c)Naoko Kurata

日本でも人気の「真珠の耳飾りの少女」も、もちろんあります。ちなみにこの作品の本物は、デルフトからも近いデンハーグの「マウリッツハイス美術館」に展示されています。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像8
(c)Naoko Kurata

作品の展示以外に、フェルメールの絵に隠された暗喩の解説などがあり、より深く作品を知ることもできるという特典も。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像9
(c)Naoko Kurata

そして、フェルメール作品をほうふつさせる家具やライティングのセットで、絵画の登場人物になれるコーナーも。ぜひフェルメール風の記念写真をおさえたいですね。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像10
(c)Naoko Kurata

もちろん、おみやげ物コーナーも充実。名画をアレンジしたグッズをおみやげにしてみては。

世界に愛される陶器工房「ロイヤルデルフト」

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像11
(c)Naoko Kurata

「フェルメール・センター」を後にして向かったのは、「ロイヤルデルフト」(Royal Delft)という陶器工房。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像12
(c)Naoko Kurata

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像13
(c)Naoko Kurata

「デルフト焼き」や「デルフトブルー」として世界的に有名な陶器の、17世紀から続く唯一の工房がこちらです。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像14
(c)Naoko Kurata

施設内では、職人が実際に手作業で絵付けをしている様子も見学できました。
ちなみにロイヤルデルフトでは、プレートやタイルの絵付けワークショップも開催されています(要予約)。当日受け取りはできず、最低開催人数などの条件もあるようですが、ご興味ある方は公式ホームページをご参照ください。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像15
(c)Naoko Kurata

その他にも、ロイヤルデルフトが所蔵する、様々な歴史的な作品を見ることもできます。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像16
(c)Naoko Kurata

特に圧巻だったのは、この「夜警」(Nachtwacht)のタイル絵。アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)に所蔵されているレンブラントの大作を、480枚のタイルを使い原寸大で再現しています。完成までは、2人の職人が1年かけて作業したのだとか。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像17
(c)Naoko Kurata

毎年クリスマス時期に販売される、歴代のクリスマス・プレートの展示も。このディスプレイの中で一番古いクリスマス・プレートは、1915年のものでした。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像18
(c)Naoko Kurata

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像19
(c)Naoko Kurata

もちろん、ロイヤルデルフトにはショップも併設されています。プレートや花瓶などの他に、飾りやすいタイルの取り扱いも。筆者が訪れたときは、1枚59ユーロ(2018年5月現在約7千733円)での販売でした。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像20
(c)Naoko Kurata

そして、職人の手作業ではなく機械で転写された作品ですが、ミッフィーをあしらったシリーズも。ミッフィーはオランダ生まれのキャラクターなので、おみやげにも喜ばれそうですね。

「ロイヤルデルフト」でハイティーを堪能

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像21
(c)Naoko Kurata

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像22
(c)Naoko Kurata

実はこのロイヤルデルフトには、ティールームも併設されています。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像23
(c)Naoko Kurata

このティールームでは、事前に予約すればハイティー(アフタヌーンティー)をいただくこともできるのです。

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像24
(c)Naoko Kurata

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像25
(c)Naoko Kurata

こちらでサーブされるプレートやティーカップなどは、もちろんロイヤルデルフトで手掛けられたもの。高額な食器を自宅にフルラインでそろえるのはなかなかむずかしいですが、こちらでなら贅沢に使用することができます。気分が豊かになりますね!

魅力的なデルフトの名所たち

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像26

【オランダ】アムステルダムから日帰りOK!古都デルフトで半日観光 画像27

その他にも、オランダの初代君主が住居としても使っていた建物を利用したプリンセンホフ博物館(Museum Het Prinsenhof)や、デルフトの絶景を眺められる塔のある新教会(Nieuwe Kerk)など、デルフトは魅力的なスポットにあふれています。オランダ旅行の忘れられない1日になるのではないでしょうか。

アムステルダム観光のエクスカーションとして、ぜひ足をのばしてみてくださいませ。

[Photos by Shutterstock.com]
[Vermeer Centrum]
[Royal Delft]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。