おでかけ

富士山のミステリースポットが、江の島までつながっているって本当?【あなたの知らない富士山トリビア】

富士山のミステリースポットが、江の島までつながっているって本当?【あなたの知らない富士山トリビア】 画像1
(C)(公社)藤沢市観光協会 

7月1日は、日本の象徴かつ世界遺産である富士山の山開きです。富士山に関する記事はTABIZINEでも人気が高く、日本人に最も愛されている名峰であることが伺えます。富士登山はもはや日本人のみならず、海外旅行客にも人気。誰もが「一度は登ってみたい」と思う憧れの山なのです。

そこで、「祝!富士山開山」として、富士山のトリビアを全8回の特集でお届けします。「へえ〜、知らなかった」「なるほど、そういえば」と思う情報が満載ですので、ぜひお見逃しなく。

第5回目は、「富士山のミステリースポットが、江の島まで繋がっている」という伝説について。まことしやかに流れている、富士山にまつわる伝説のひとつです。

富士山のミステリースポット
富士山のミステリースポットが、江の島までつながっているって本当?【あなたの知らない富士山トリビア】 画像2

富士山のミステリースポットといえば、青木ヶ原樹海。西暦864年(地質調査センターによる)に起きた富士山噴火により、青木ヶ原溶岩が流出。焼け野原になった後、溶岩流上に再生された森が青木ヶ原樹海です。再生した樹海の地面に土はなく、木々は溶岩に根を張って生息しています。噴火の前は樹海一帯は、大きな湖だったようです。

青木ヶ原樹海にはいくつかの洞穴がありますが、有名なのは「鳴沢氷穴」ですね。

青木ヶ原樹海にある鳴沢氷穴
富士山のミステリースポットが、江の島までつながっているって本当?【あなたの知らない富士山トリビア】 画像3
青木ヶ原樹海

鳴沢氷穴は青木ヶ原樹海の東の入口に位置し、今から1150年以上前の貞観6年(864)富士山噴火で出来た洞窟です。

平均気温3度 総延長153メートルの氷穴
富士山のミステリースポットが、江の島までつながっているって本当?【あなたの知らない富士山トリビア】 画像4
鳴沢氷穴

昭和4年に文部省の天然記念物指定を受けた「鳴沢氷穴」は、地下21メートルの竪穴型洞窟。内部の平均気温は3度で1年中氷に覆われています。この氷穴の最深部21メートルのところには地獄穴があり、この穴が70〜80km以上も先の江の島に続いているといわれるのが「江の島伝説」です。

鳴沢氷穴

住所:〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村8533
営業:8月26日(日)までは、午前9時~午後5時半(季節により異なります)
入洞料:大人350円
公式サイト:天然記念物富岳風穴・鳴沢氷穴
http://www.mtfuji-cave.com

鳴沢氷穴の「地獄穴」は江の島に続いている?

鳴沢氷穴の最深部の「地獄穴」はどこまで続いているかは、確認されていません。注意書き看板で、下記のように入洞者の安全を促しています。

地獄穴

この穴は竪穴(たてあな)で、一歩足場を失うものなら二度と帰ることができない危険な穴です。伝説によりますと、江の島の洞窟まで続いているといわれております。どこまで穴が続いているか確かめられません。

しかも、鳴沢氷穴の公式サイトでは、「江の島伝説」について下記のように記しています。

鳴沢氷穴内部には、地獄穴があり(地獄といっても天国地獄の地獄ではなく、水が吸い込まれる穴のことです)どこまで続いているのかわからない為、伝説によると相模湾にある 江ノ島の洞窟に抜けられると伝えられています。
また、江ノ島にある洞窟では富士の麓の洞窟に続いていると云われています。
いつの日か江ノ島のサーファーが流れ着くことで、この伝説が実証されることを楽しみにしています。

「氷穴の江ノ島伝説」より 天然記念物富岳風穴・鳴沢氷穴
http://www.mtfuji-cave.com/contents/qanda/page08.php

「江の島伝説」について、尋ねる人が多いのでしょう。余裕で楽しんでいる様子が伺えますね。江の島サーファーが、サーフボードで山梨県まで滑り抜けてくる日がやってくるのでしょうか。

江の島岩屋も、伝説を公認している
富士山のミステリースポットが、江の島までつながっているって本当?【あなたの知らない富士山トリビア】 画像5
江の島第一岩屋
(C)(公社)藤沢市観光協会 

一方、こちらが鳴沢氷穴から続いていると言われる江の島の岩屋(洞窟)。長い歳月を経て波の浸食でできた岩屋は、第一岩屋(奥行152m)と第二岩屋(奥行56m)から成ります。第一岩屋の行き止まりは人が進めないようになっていますが、洞窟は続いています。「この奥は富士山につながっていると昔から言われてきました」と注意書きまであります。双方で伝説を公認しているとなるとひょっとして?

江の島岩屋

住所:〒251-0036 神奈川県 藤沢市江の島2丁目5
入洞料:大人500円
営業:7月31日(火)までは、午前9時~午後6時(季節により異なります)
公式サイト:
江の島岩屋 藤沢市観光協会
http://www.fujisawa-kanko.jp/spot/enoshimaiwaya.html

「江の島岩屋」と「鳴沢氷穴」は各々の素材が異なる
富士山のミステリースポットが、江の島までつながっているって本当?【あなたの知らない富士山トリビア】 画像1
江の島岩屋内部
(C)(公社)藤沢市観光協会 

江の島の洞窟は砂が積もり固まった崖が、波に削られたものであり、富士山の洞窟は富士山噴火の溶岩が冷え固まったもの。できている素材が違うので、洞窟が続いていることはありえないという説もあります。

伝説はロマンのままそっとしておきたい
富士山のミステリースポットが、江の島までつながっているって本当?【あなたの知らない富士山トリビア】 画像7

江の島岩屋

それぞれの洞窟が繋がっているのかどうかは、筆者が調べた限り、信憑性のあるものは出てきませんでした。でも、各々の洞窟で伝説を公認していること、鳴沢氷穴に社があり「鳴沢氷穴の発見以前から江の島に通じていると言われ、神聖な洞窟として崇められています」という社の由来の説明書きが見られることから、まったく架空の伝説でもないかもしれません。

洞窟が地質学的に繋がることが可能なのかどうかは分かりませんが、青木ヶ原樹海から江の島まで秘密の通路があって、どんな用途に使ったのか考えてみると興味深いですね。秘密の通路を通って何かを運んだのか(氷あるいは財宝)、江の島相模湾から海外(あるいは遠方)へ逃れた人がいたのかなど。

青木ヶ原樹海は、数多くの洞窟があるそうです。それぞれの洞窟がもし日本各地の洞窟に続いていて、地下鉄のない時代にすでに地下移動があったのかもと考えるのも、たわいのない夏の夜の夢。伝説はロマンのまま、そっとしておく方が良いかもしれませんね。

参照
[富士山のふしぎ100|偕成社]
[富士山のすごいひみつ100|主婦と生活社]
[富士山はどんな活動をしてきたか? – 地質調査総合センター]
[All Photos by shutterstock.com]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。