おでかけ

世界最大の日干し煉瓦の都市、チムー王国「チャンチャン遺跡」

世界最大の日干し煉瓦の都市、チムー王国「チャンチャン遺跡」 画像1

海岸砂漠の上で栄えた太陽の街
世界最大の日干し煉瓦の都市、チムー王国「チャンチャン遺跡」 画像2

チャンチャン遺跡、それは、ペルー北部、太平洋沿いに位置するトルヒーヨにあります。

600年前、ここはアメリカ大陸最大の都市でした。また史上最大の日干し煉瓦の都市でした。赤道より少し南に位置し、太陽がギラギラと照り付ける土地のせいか、チムー王国の首都は、「チャンチャン」と呼ばれました。「チャン」は太陽を意味します。

世界最大の日干し煉瓦の都市、チムー王国「チャンチャン遺跡」 画像3

当時6~10万人の住人がいたとされ、20平方キロメートルの中に、万単位の建物が迷路のように建ち並んでいました。中には、9メートル以上の高さ、数百メートルの幅のある巨大な建物もあります。

今も残る遺跡には、城壁付きの砦、神殿、広場、ピラミッド、墓などが見られます。壁には魚や鳥を彫刻で施した装飾が特徴的です。

彼らが信仰していたもの

インカが太陽を崇拝し、地球をあがめた一方、チムーにとって宗教的に重要だったのは月と海でした。

王国に暮らしていたのは、ほとんどが君主に使える労働者、そして熟練した職人、司祭といった特権階級です。

すべての男性は平等に作られていないと言う考えのもと、厳密なヒエラルキーに従っていました。

世界最大の日干し煉瓦の都市、チムー王国「チャンチャン遺跡」 画像4

チムーの神話によると、太陽は3つの卵を創造することで世界を成り立たせていました。支配階級のための金の卵、彼らの妻のための銀の卵、そしてそれ以外の者のための銅の卵。

それが西暦850年から1470年にかけて続いたチムー王国でした。遺跡のモチーフがかわいらしいのにどこか不気味な理由が分かる気がします。

昔はなかったのに、現在ありすぎるものとは?
世界最大の日干し煉瓦の都市、チムー王国「チャンチャン遺跡」 画像5

インカ帝国の征服後、多くの職人たちはクスコに連れていかれたそうです。その後コロンブスがアメリカ大陸を発見し、この地にスペイン人たちがやってきたとき、打ち捨てられた街には、銀で覆われたドアが残っていたといいます。

世界最大の日干し煉瓦の都市、チムー王国「チャンチャン遺跡」 画像6

そのように豊かな帝国でしたが、唯一欠けていたのは水。降水量がとても少ない土地でしたが、灌漑の運河や井戸といった高度な技術で畑や庭は茂っていました。

それが何の因果か、その後は水が過多になるという歴史が待っていました。エルニーニョの洪水や集中豪雨で少しずつ浸食されているそうです。

修復作業も行われているということですが、こういった文明の跡が末永く残っていくことを祈ります。

参考
[Smithosonian.com]
[ペルー政府観光庁]
[Lonely Planet]

[All Photos by shutterstock.com]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。